代表 : 山田太郎

 

平成元年生まれアラサー

幼少期に手塚治虫のブラック・ジャックに感銘を受け、看護師の道へ

学生時代、様々な要因が重複して境界性パーソナリティー障害の傾向が出現

(現在はその傾向がないため、今思えば思春期特有のものかもしれないし、年齢とともに改善したのかもしれない)

震災の年に某総合病院へ就職

水面下では双極性障害の症状が現れていたが、当時は適応障害とみなされ、仕事に馴染めなかったこともあり退職

現在は札幌市内の某心療内科/精神科クリニックで看護師兼ピアサポーターとして勤務している

過去には多々クライシスを経験、入院歴や救急搬送歴あり

 

現在はPSW(精神保健福祉士)の資格取得を目指している

 

最近難しいと感じていることは、自らの専門職という立場、ピアメンバーの立場との線引きがしにくいこと

ついお節介でピアの皆さんにアドバイスをしそうになる(1番迷惑なパターン)

なので意識して余計なことを言わず、参加者さんを尊重した発言を心がけてます

 

怖い人ではありませんので(笑)気軽に声をかけて下さい(^▽^ )

 

 

●運営について

何かと不慣れな点が多く、皆さんに助けを求めることもあるかもしれません

回数を重ねれば会も安定するかと思いますので、どうぞ温かい目で見守っていただければと思います